テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

40代独身男の徒然なる毎日♪

父の日のシンボルフラワーって何でしょう?

★ 6月20日(日曜日)は父の日なのですー♫

f:id:MyStory:20210616070503j:image

引用元: GettyImages より

 

●皆様おはようございます。

 こんにちは、こんばんはです♪


 イメージ的になんとなく母の日ほど盛り上がりはなく、母の日以上に何を送れば良いのか迷いに迷うのが父の日だったりします。


 多分にもれず自分も毎年悩みに悩むのですが、一通り悩んだ後、父親の今ハマっている趣味のアイテムお酒をセットにして送るのがここ数年のスタンダードになっていたりします。

f:id:MyStory:20210616071017j:image

引用元: GettyImages より

 

 子供の頃、夢の中で突然両親がいなくなって不安になり泣きながら目が覚めたことがあります。

 でも現実は未だ元気でいてくれ、痛みも病気もなく健康に過ごしてくれていることに感謝する日々です。

 

 ちなみに母の日のカーネーションみたく、父の日のシンボルフラワーは一体なんだろうと疑問に思いました。

(・・?)

f:id:MyStory:20210616071246j:image

引用元: GettyImages より

 

 イラストとかでよく見かけるのは「黄色のバラ」すし、町のお花屋さんで目にするのは元気いっぱいに咲き誇る「ひまわり」だったりします。

 

 調べてみると母の日のカーネーションのような一択ではなく、父の日は主に「黄色いバラ」「ひまわり」「ガーベラ」「ユリ」が人気のギフトフラワーだそうです。

 

 ●「黄色いバラ」は父の日の提唱者ドット夫人父の墓前に白いバラを添えたことがきっかけです。

白いバラは故人を意味するので赤いバラ贈る風習ができたそうです。

 

 日本に伝わって来た際、父の日のシンボルカラーが家族の愛情や尊敬を意味する黄色となったことから、黄色いバラが定着したようです。

f:id:MyStory:20210616070538j:image

引用元: GettyImages より

 

 ●「ひまわり」親しみやすい花で、花を贈られることに慣れていない父親に贈りやすい花として人気です。

花言葉「憧れ」「尊敬」なのも父の日の花にぴったり当てはまります。

f:id:MyStory:20210616070607j:image

引用元: GettyImages より

 

 ●「ガーベラ」安価でカラフルなため父親のイメージに合わせて色を選べ、文字通り父の日に華を添えるプレゼントになります。

 花言葉「親しみやすさ」なのもイマドキの父親像に合致するかと思います。

f:id:MyStory:20210616070631j:image

引用元: GettyImages より

 

 ●「ユリ」の中でもスカシユリは父の日にぴったりなお花です。

 小柄で香りは控えめ、花言葉「親想い」「子としての愛」だったりします。

f:id:MyStory:20210616070701j:image

引用元: GettyImages より

 

 送り手の好み父親のイメージでお花が選べるのはなかなかにして楽しいですね。

(^-^)

 

 何となく忘れられがちな父の日ですが、花を添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか♪

少々照れくさいですけどね。

σ(^_^;)

f:id:MyStory:20210616070724j:image

引用元: GettyImages より