テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

皆さんの『推し』はどの子でショー♫

★見て触れて、楽しすぎな1日だったのです♪

 

●皆さんおはようございます。

 こんにちは、こんばんはです♪

 

 先月水族館に足を運んだ興奮も冷めやらずに、今回は両親を連れて動物園に足を伸ばしてきました。

 

両親と共に過ごせる時間の幸せ。

 両親が健康でいてくれることへの感謝。

  その想いで長距離ドライブも苦になりません。

♪( ´▽`)


 お邪魔した動物園は、とにもかくにも動物たちと身近に触れ合える事が最大の特徴の動物園で、「見る」と同じくらい「触れる」ことが楽しい『体感型の動物』と言えなくもないです。

(^-^)v


 もちろんすべての子に触れる事が出来る訳ではなく、小動物が主なのですが、注意書き看板に「噛む時もあるよ〜」とゆるーく書いているので油断なりません。

((((;゚Д゚)))))))

 

と言う訳で下手なりに頑張って撮った動物さん達の写真です。

皆さんの『推しの子』はしっかりと写っておりますでしょうか?

(・・?)

f:id:MyStory:20220521212450j:image

f:id:MyStory:20220521212516j:image

f:id:MyStory:20220521212535j:image

f:id:MyStory:20220521212621j:image

f:id:MyStory:20220521214108j:image

f:id:MyStory:20220521212640j:image

f:id:MyStory:20220521213934j:image

f:id:MyStory:20220521214004j:image

f:id:MyStory:20220521214403j:image

 

 水族館ですっかりハートを撃ち抜かれたかわうそ君」がこちらでも愛嬌を振りまいてくれてます。

(๑>◡<๑)

f:id:MyStory:20220521212425j:image

 

ヤギさんは普通に道端で草を食べていたりします。

f:id:MyStory:20220521212441j:image

 

うさぎさんも放し飼いで、もちろん触れ合えます♫

自分はソフトタッチでご挨拶しました。

f:id:MyStory:20220521212550j:image

 

 近づくだけで足が震えてしまいそうになる位のオーラが漂っている虎さん達!

 この虎さん達と心を通わせ、お掃除したりご飯をあげたりする動物園の飼育員さん達は心底凄いと思います!

( ̄O ̄;)

f:id:MyStory:20220521212609j:image

 

楽しみにしていた猫さんと触れ合える「猫ハウス」なる所へ到着しました。

f:id:MyStory:20220521212700j:image

すでに先客がいた様子で、女性の方が膝に猫さんを抱っこして優しく撫でています。

 

その瞳は慈愛に満ちていて、もしかすると飼い猫をなくした直後の方かもしれません。

f:id:MyStory:20220521212718j:image
自分も動物園に来た最大の目的は、久々に柴犬さんと心行くまで触れ合う事だったりします。


そぉ自分の「推しの子」は、並み居る珍しい動物さん達を押しのけ『柴犬』さんだったりします。

(*≧∀≦*)


 どことなく通ずる所があったのでしょうか、憂いを帯びたその女性の気持ちが伝わってくるようでした。


猫ハウスを後にした後、動物園最大のビックイベント象さんの餌やり体験に参加です!

f:id:MyStory:20220521212742j:image

両親は象さんの餌やりが大好きな様子。

 自分を含め3人で野菜や果物がたくさん詰まったバケツを1つ購入しました。

(^-^)v


餌を手にして象さんの前に立つと、やはりその大きさにびびってしまいます。

( ゚д゚)


餌を手にした腕をしっかりと伸ばすと、象さんは鼻を伸ばして器用に餌を受け取り口に運びます。

( ´ ▽ ` )ノ

f:id:MyStory:20220521212754j:image
 餌やりバケツの果物やお野菜をペロリとたいらげた後、まだまだ欲しそうにお鼻を頭の上に上げおねだりのポーズをしてくれました。

 

【ごめんね、おかわりのバケツを買うお金がなかったのー】

(><)

 

 一通り動物さん達と触れ合って後、この動物園に来た最大の目的である柴犬さんのエリアに突入です。

o(^-^)o

f:id:MyStory:20220521212812j:image

豆柴さんから比較的大きな柴犬さんまで、元気よくしっぽを振りながらお迎えをしてくれました。

f:id:MyStory:20220521212827j:image

 久々に柴犬さんの頭を撫でたりお腹を摩ったりと思う存分触れ合いこの旅の最大の目的を達成です。

f:id:MyStory:20220521212819j:image

ひょっとしてここは天国でしょうか♪


 ちなみに動物園つながりで、以前「世界一素敵な動物園のお話なのです」と言うタイトルで記事を書いたことがあるので、よろしければそちらもご覧になってくださいね★

talesofme.hatenablog.com