テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

目が乾くんです!(ブルーライトカットメガネ編)

★個人差はありますが、切り札になるかもですd(^_^o)

 

●皆様おはようございます。

 こんにちは、こんばんはです♪


 現代人の生活にとって欠かせないものといえば、スマホパソコンですね。


 目が悪くなるのが分かっているのですが、個人的には手放すことができませ〜ん。

/(^o^)\


 (皆さんのブログを見れなくなってしまう生活は考えられません)


 スマホやパソコンの画面とにらめっこする日々に加え、仕事中は、空調が効いているせいか目の渇きが最近になって加速し、乾燥から涙目になります。

f:id:MyStory:20210122075615j:image

引用元:GettyImagesより


 なんだか、ものすごく辛そうに仕事をしているのかと思われてしまいます。

σ(^_^;)


 いわゆる「ドライアイ」ってやつですね。

(><)

f:id:MyStory:20210122075153j:image

引用元:Santen「目の病気百科」より


 このままではダメだと思い、いろいろ調べたのですが、ドライアイに効く「目薬」「日々の生活改善」、そして「サプリ」によってドライアイを改善することにしました。


 そこで今回は「日々の生活改善」中に取り入れたブルーライトカットメガネ」についてご紹介させていただきます。


 そもそもブルーライトとは、短い波長の光散乱しやすい性格を持っており、映像がぼやけたりちらついたりするため、常に目はピントを合わせようとし目が疲れるそうです。

f:id:MyStory:20210122074925g:image

引用元:エレコム「ビジネス強化10キット」より


 また、エネルギーの強い光であり、角膜や水晶体を通り越し、網膜まで直接届いてダメージを与えるそうです。

∑(゚Д゚)


 そこでこのブルーライトをカットし目の疲れを軽減させる目的で作られたのがブルーライトカットメガネ」だったりします


 メガネといっても度が入っていないタイプであればピンからキリまであって、100円ショップで売られているものから、1万円位するタイプのものまであります。


 ブルーライトカットメガネは大きく分けて2種類あり、「反射型」「吸収型」があります。


 「反射型」は、ブルーライトカット率が低く30%前後のものがメインで、比較的値段がリーズナブルなのが特徴です。


 ガラス自体にあまり色がついていないので、視界は比較的クリアです


 「吸収型」は、ブルーライトカット率が高く、50%以上のものがメインで最大90%ほどカットするものもあるそうです。


 ただし反射型に比べ値段が高く、ガラス自体に薄茶の色が付いているので、メガネと言うよりはサングラスに見た目が近いです。


 自分は眼鏡市場Zoffの2カ所で購入しました。


 眼鏡市場の眼鏡は「反射型」でデザインこそ違えカット率は37% 1種類です。


 とにかくお値段がリーズナブルで、約2000円で買えます。


 Zoffのメガネは、デザインとともにカット率にも種類があり、「反射型」のカット率30%と「吸収型」のカット率50%の2種類あります。


 ともに布製のメガネケースが付いていて、このメガネケースはメガネ拭きにもなったりする優れものです♪


 自分が購入したのはカット率50%の「吸収型」もので、お値段は5000円+税になります。

f:id:MyStory:20210122073432p:image

引用元:公式ホームページより


「吸収型」と言ってもzoffの特徴は比較的クリアなレンズで、メガネを装着すると視界が薄く黄色がかって暖色系な世界にはなるのですが、すぐに慣れ違和感は払拭されます。

f:id:MyStory:20210122073450j:image

引用元:公式ホームページより


 メインはZoffのメガネを使用し、サブとして眼鏡市場のものを使用してます。


 購入して1週間たったのですが、確かに目の疲れが軽減したように感じます。

(プラシーボ効果かもしれませんが…)

σ(^_^;)


 地味に痛い出費ではありましたが、買ってよかったと思える商品でした♪


 と言うわけで今こうやってブログを書いたり、皆さんのブログを目にしているときのスタイルは、前回ご紹介した「首掛けネックホルダー」に加え、ブルーライトカットメガネ」を装備しているので、人に見られるとなんだか恥ずかしいです。

(*/∇\*)キャ