テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

X68000パーフェクトカタログ発見なんです!

★秒で購入しました♪

 

●皆様おはようございます。

こんにちは、こんばんはです♪

 

 本日、ふらりと本屋さんに立ち寄った時インパクトのある表紙が!

 X68000パーフェクトカタログ」!!

 子供の頃恋い焦がれ、電気屋さんに展示されていたX68000を羨望の眼差しで見つめていた自分としては、この本の購買意欲に抗えませんでした

f:id:MyStory:20201029162349j:image

  ファミコンや、以前ブログで紹介させて頂いたセガ・マークⅢのグラフィックのクオリティー(60色程度ですかね)が当たり前と思っていた時代、約6万5千色の表示を可能にしていたグラフィックは圧巻でした。

( ゚Д゚)

 

 圧倒的に美しいグラフィック!

CMではツタンカーメンの黄金のマスクの写真かと思いきや、実はX68000で描かれたグラフィックだったと言う衝撃的な内容のものでした!

( ゚Д゚)   ( ゚Д゚)

f:id:MyStory:20201029163256p:image

引用元:週刊アスキーより

 【ちなみにX68000のカタログを無料でダウンロードできるそうです。リンクを貼っておきますので興味のある方はどうぞ♪

https://galapagosstore.com/web/catalog/top


 16bit機であるX68000のマシンスペックファミコンに代表される8bit機とは桁違いで、当時のゲームセンターのゲームを、見た目ほぼ劣化なく移植するマシンパワーに心底驚かされたものでした。

( ゚Д゚)   ( ゚Д゚)   ( ゚Д゚)

 

 そのマシンパワーを見せつけるかのごとく、初号機では「グラディウス」のゲームがゲームセンターのクオリティーで移植され、おまけとして遊ぶことができたのは有名な話です。

 16bit機の凄さを世に知らしめるに十分な活躍を見せ、記憶にも、記録にも残るレジェンドマシンだったりするんです♪

 

 X68000のCPUであるMC 68000は、その後セガが誇るメガドライブ」に採用され、セガっ子である自分は狂気乱舞した記憶があります。

v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v

 

 本の内容としては、発売されたすべてのX68000ハードウェアの紹介から始まり、発売されたゲームがすべて収録されております。

 

 全192ページ、どのページを開いても、思わず頬が緩み、目が釘付けになってしまいます。

 

 本体価格2315円+税金

週刊誌感覚で買える金額ではありませんが、思い入れがある自分としては決して高い金額ではありません。

 

 これは永久保存版ですね♪

v(*'-^*)b