テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

「ミステリーの角川」魅力満載な作品とは!

★文通相手はこの世にいない少女だったのか?

 

●皆さんおはようございます。

 こんにちは、こんばんはです!

 

皆さんはゲームで遊ばれていますでしょうか。


ゲームと一口に言っても様々あり、ここ数年無料で質の高いゲームがスマホでお気軽に遊べると言うこともあってゲームが比較的ナチュラルに日常に溶け込んでいるように思います。

 

スマホのゲームも遊ばないわけでは無いのですが、やはりゲーム専用機で、フルプライスで購入したゲームは思い入れがあります。

 

ゲームのジャンルも様々あって

ドラクエに代表されるRPG

ゼビウスインベーダーなどに代表されるシューティングゲーム

スーパーマリオブラザーズに代表される『アクションゲーム』などなどです。

 

自分の好きなゲームはADV (アドベンチャーゲーム)と言うジャンルで、小説を読み進めて行くように物語は展開し、自分が選んだ選択肢によってゲームが進行していきます。

 

アドベンチャーゲームは比較的ゲーム機の性能に左右されず名作を生み出す事が可能で、歴史も古く、古くはテキスト(文字)のみのゲームが主流な時期もあったそうです。

 

先日久々にアドベンチャーゲームをクリアしました★

Nintendo Switchソフトで『√Letter ルートレター Last Answer』と言う作品です。

f:id:MyStory:20220907185704j:image

引用元:マイニンテンドーストア公式サイトより

 

このソフトを知ったのは、セールでなんと500円で購入することができたからだったりします。

( ゚д゚)

■√Letterとは■

偶然見つかった15年前の文通相手の少女の手紙には消印がなく封も切られておらず見覚えのないものだった。

 

そこに書かれていたのは「私は人を殺してしまいました。罪を償わなければなりません。」と言う穏やかじゃない内容。

f:id:MyStory:20220907194653j:image

引用元:√Letter公式サイトより

 

真相を確かめに彼女が住む島根県松江市に足を運びそこで知ったのは、文通相手が文通を交わした時より10年も前に既に亡くなっていたと言う驚きの事実でした。

 

深まる謎、浮かび上がる真実。

物語は静かに幕を開けるのでした。

f:id:MyStory:20220907194847j:image

引用元:√Letter公式サイトより

販売元は角川ゲームスで、数々の名作小説や映画を世に送り出した角川が手がけた作品と言うこともあり物語に引き込まれます。

 

ゲーム自体の進行はとてもスムーズで、意地悪な仕掛けも特になく、テンポよく物語を楽しむ事ができます。

 

この作品ならではの特徴として、グラフィックを実際の俳優さん達が演じた実写「ドラマモード」と、もともとのイラスト「オリジナルモード」切り替える事が可能な点です。

 

島根県松江市が舞台と言うこともあり、実際の観光地や名物を実写で見ることができるのは、自分が実際に旅行した気分になれ少しお得です。

 

俳優さんの演技は静止画のみなので可もなく不可もなくですが、もともとのイラストの雰囲気をうまく捉えられているような気はします。

f:id:MyStory:20220907200040j:image

引用元:√Letter公式サイトより

 

ボイスは演じた俳優さんとは別にプロの声優さんの声が当てられており

主人公はエヴァンゲリオン加持リョウジ 役で有名な山寺宏一さん

 

ヒロインは『タッチ』浅倉南 役で有名な日髙のり子さん& YAWARA!の猪熊 柔役で有名な皆口 裕子さん

等々そうそうたる豪華な顔ぶれが揃っております。

f:id:MyStory:20220907195307j:image

引用元:√Letter公式サイトより

 

こんな有名な声優さん達が作品に命を吹き込んだゲームが500円で遊べるなんて!

Nintendo Switchダウンロード販売セールに感謝感謝です。

 

シナリオは長くなり過ぎずちょうど良いボリュームですが、ボリューム不足と叩かれてしまうイマドキなクレーム対策として、5種類のエンディング(つまり5種類のシナリオ)が用意されています。


文通相手から送られてきた手紙への返事をどれを選んだかによって物語は分岐し全く性格の異なったシナリオを楽しむことができるのです。

f:id:MyStory:20220907195501j:image

引用元:√Letter公式サイトより


これ自体はそれほど珍しい訳では無く、イマドキの標準装備となったこのシステムは奇を衒わない分だけ安心して遊ぶ事ができました。


せっかくゲームで遊んでいるので、ストレスなく楽しめると言う事は大切なのではないでしょうか♪


自分がまずたどり着いたエンディングはハッピーエンドではなく、とても切ない余韻の残る終わり方をしました。


こうなると真のエンディングが見たいと思うのが心情です。


いわゆる2週目以降の周回プレイもストレスなく楽しめるような配慮がなされており、物語が分岐するお手紙の返事を選択した後、次のチャプターまで丸ごと飛ばすことが可能です。

f:id:MyStory:20220907200159j:image

引用元:√Letter公式サイトより


この機能によって一度読み進めたシナリオを二度三度読まなくてもよく、異なったシナリオに集中することが可能です。

 

2週目は無事ハッピーエンドと言える真のエンディングにたどり着くことができました。

(^-^)v

 

1周目に味わったシナリオで強引と思えた箇所も違和感なく物語に溶け込んでおり、play後とても清々しい気持ちになれました。

 

エンディングで登場人物たちのその後について触れられていたのも嬉しい限りです。

 

残されたシナリオは後3つ

なにやら「政府の陰謀説」や、「UFO説」などトンデモな展開が待ち受けている様子です。

( ゚д゚)

 

おまけシナリオな感じが強く、肩の力を抜いて楽しめそうですね♪

15年ぶりに見つかった消印も無く封も切られていない手紙の謎とは?!

 

彼女が手紙に記した「私は人を殺してしまいました。罪を償わなければなりません。」と言う言葉の意味とは?!

 

死んでこの世にいないはずの文通相手。

主人公が文通を交わした相手とは一体

f:id:MyStory:20220907190116j:image

引用元:ファミ通より

 

全てを理解した時あなたはきっとその真実に涙し、爽やかな秋の風を思わせる心地よい感動が全身を駆け巡ります。


 角川にはミステリーがよく似合います。

秋の夜長に良質のミステリー作品はいかがでしょうか。