テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

new500円玉いきまーす!

★我が日本の硬貨製造技術は世界一ィィィィーーーーッ! (ルドル・フォン・シュトロハイム。)

f:id:MyStory:20211101135628j:image

引用元: pixiv百科事典より

 

●皆さんおはようございます。

 こんにちは、こんばんはです♪

 

 本日(11月1日)よりリニューアルされた新500円玉が流通を開始するそうです。

f:id:MyStory:20211101140638j:image

引用元:日経ビジネスより

 

 日本のコインはこれでもかと言う位最新技術がてんこ盛りに詰め込まれており偽造が難しいことで知られてますが、今回リニューアルされた500円玉も世界初の技術が盛り込まれているすごいコインになっております。

d(^_^o)

 

■バイカラー技術■
 新500円玉は外側と内側で異なる金属が使われており外側は金色に近く内側は銀色の2色に彩られています。

 

■クラッド技術■
 内側にあたる銀色の部分は、異なる2種類の金属をサンドイッチ状(ハンバーガー状)に挟んで整形されております。

f:id:MyStory:20211101140608j:image

引用元: ITmediaより

■異形斜めギザ■
 これは世界初となる技術だそうですが、側面のギザギザが今までは等間隔同一方向だったのが、1部方向(角度)を変えているそうです。


偽造防止に威力を発揮しそうです。

 

■微細文字■

 肉眼では確認しにくいほどの小さな文字で表面上下「JAPAN」左右「500YEN」と刻印されています。


手彫りでコインを偽造する超アナログ(ある意味職人)な人なんていないと思いますが、手彫りではまず不可能ですね。

 

■角度によって変わる潜像

 現行の500円玉でも採用されているのですが、コインを斜めに傾け斜め下から見ると500YEN」の文字が浮かび上がるのですが、それに加え斜め上から見ると「JAPAN」の文字が浮かび上がります。

 

謎の超技術で、どうやったらこうなるのか自分には一切判りませーん。

/(^o^)\

 

■微細線■

 コインの表面に「日本国」「500円」と扇状の枠に刻印されてますが、枠内には微細な線が刻印されています。

その細さたるや髪の毛よりも細いとか!

( ゚д゚)

 

f:id:MyStory:20211101140231j:image

引用元: ITmediaより

【引用元(情報ソース)はすべて財務省ホームページより】

 

 新500円玉は今年度中に2億枚発行されるとのことで、慌てなければいつの間にか日常生活に溶け込み、徐々に目にする機会が増えることになると思います。

 

 もちろん今までの500円玉も普通に使えますので、「今までの500円玉が使えなくなる」といった類の詐欺にはご注意くださいねー。

f:id:MyStory:20211101140722j:image

引用元: ねとらば ITmediaより

 

 テイルズとの約束ですよー♫

v(*'-^*)b