テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

柴犬さんが大好きです♪ (犯人は誰だ?編)

★とにかく驚いたんです!!

 

●皆様、おはようございます。

こんにちは、こんばんはです♪

 

 夕暮れ時、食卓に夕食が並ぶ時間帯、事件は起きました!

 

 兄も父もまだ仕事から帰っておらず、母親は他の用事でリビングから離れ、成犬になったばかりのチロは、お気に入りの場所で丸まってウトウト夢見心地、早くに仕事から帰宅した自分は部屋でくつろいでました。

f:id:MyStory:20201127103442j:image

引用元:GettyImages:より

 

 夕食を食べるためにリビングに降りてきた時、なんだか違和感を感じ食卓に目をやると、あれ?何故か自分の夕食の魚だけがないではないですか!?

(・・?)

 

 いったいなぜ?

絶対に犯人を突き止めてみせる!

じっちゃんの名にかけて!

( ・`ー・´) + キリッ

(あっ、じっちゃんは普通の人でした…)

 

 げに恐ろしきは食べ物の恨みなり。

足りない脳みそをフル回転し、あらゆる可能性について推察してみました。

(  ̄~ ̄;)ウーン…

 

 状況証拠からまずはチロが犯人候補から除外されました。

 

 なぜなら「骨」が残っていなかったからです。

 骨が残っているのであれば、ひょっとしたらチロが食べたのかも?って疑うのですが、お皿の上には骨1つ残っておらず、魚だけがきれいに皿の上から消えていたからです。

 

 ひょっとして泥棒さん?

いやいや、泥棒が魚だけ食べて出て行くなんて言う「ハイリスク・ローリターン」を犯すわけがありません!

 

事件は迷宮入りするかに思えました。

(  ̄~ ̄;)ウーン…

 

 まぁ、一応チロの容疑だけでも晴らしておこうと思い、試しに余分に作っておいた魚をあげてみることに。

f:id:MyStory:20201127103638j:image

引用元:GettyImages引用元:より

 

 チロは「ん???」と言う顔をして

「この魚を食べていいんですか?」

「一体どういう風のふきまわしなんですか??」

「今日は何かの記念日なんですか???」

といったように見つめてました。

 

当然です!!

 我々人間が食べている食べ物は、どんなにチロが欲しそうにしていても、心を鬼にしてあげないようにしていたからです。

 

 チロは少しためらいを見せた後、急に人…じゃなくて「犬」が変わったかのように、すごい勢いで魚にかぶりつきました

 

 むしゃむしゃと勢いよく魚を噛み千切り、咀嚼もそこそこに次々と飲み込んでいくではありませんか!

 その食べっぷりはむしろ見てて気持ちが良い位。

 

 よほどおいしかったのか、その勢いが止まらず、なんと!骨までもバリバリと噛み砕いて魚を余すとこなくペロリと平らげてました!!

Σ(゚д゚lll)

 

 それはチロが野生に戻った瞬間でした。

 

 「って、…お前が犯人かぁぁああ!!」

 

 驚きを隠せない我々の顔を尻目に、なぜか得意顔のチロでした。

 

…チロ褒めてないよ(´Д` )

 

 その日の家族の食卓の話題はもちろん「怪盗チロ現わる!」でもちきりでした♪

f:id:MyStory:20201127103840j:image

(↑チロの可愛すぎる写真、その3です♪)