テイルズ・オブ・シングルマン

テイルズ・オブ・シングルマン

アラフィフ・シングルマンの徒然なる毎日♪

柴犬さんが大好きです♪ (ファーストコンタクト編)

★自分の日常が少しずつ変わっていきました♪

 

●皆様おはようございます。

こんにちは、こんばんはです♪

 

まどろみの中、どこかで子犬の元気な鳴き声がする。

  ♪アンアン、アンアン♪

 

そういえば…

  犬を飼い始めたんだぁ!

 

 大急ぎで布団から飛び起き、元気な鳴き声に誘われるようにリビングに向かいました。

 

 前日同僚と飲みに行っていた自分は、家族の中で1番最後に目が覚めた様子です。

 

 既に両親、兄、皆が柴犬さんに夢中になっていました。

f:id:MyStory:20201025084411j:image

引用元:GettyImages

 

 昨日ぬいぐるみのようにピクリとも動かず、スヤスヤ眠っていた柴犬さんでしたが、今日は朝から元気よく家の中を駆け回り、みんなに愛想を振りまいてました。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 どうやら我が家に馴染んでくれたみたいです。

 あまり人見知りはしない子なのかもしれません。

 

 柴犬を譲ってくれた父親の友人は、人に渡せる大きさになるまで大切に育ててくれた様子。

  とにかく元気です(^ ^)

 

 躾をしてくれたのかどうかは定かではありませんが、むやみに吠えたり、人を噛むようなことはしません。

 

 まだ犬に対して2割ほど怖いイメージが残っていた自分は、少し遠巻きに柴犬さんを眺めてたりします。

 

 自分の日常に、わんこさんが加わった。それは大きな事件であり、なんだかむず痒く、自然と頬がにやけてしまいました。

(*≧∀≦*)

 


ようこそ柴犬さん!

\(⌒∇⌒)/

自分も徐々に慣れていくから、柴犬さんも徐々に懐いてちょうだいね♪

おそらく当時の自分はそう思ったと思います。